イオンカードの評判・メリット・デメリットとは?【体験談】

イオンカードの評判・メリット・デメリットとは?【体験談】お役立ち情報

イオンカードの評判・メリット・デメリットとは?【体験談】

Kizuki
Kizuki

こんにちは、フリーランスのKizukiです!一般企業を経てフリーランスとして2019年に独立し、Webデザイン・プログラミング・通訳・翻訳・通訳案内士の仕事に携わってきました(Kizukiについてはプロフィールをご覧ください)今回は下記の疑問に答えます。

困っている人
困っている人

新しくクレジットカードの契約をしたいと思っています。イオンカードがいいという評判を聞きますが、ユーザーの口コミや体験談を知りたいです。

本記事では上記のお悩みを解決します。

本記事の内容
  • イオンカードの基本情報
  • イオンカードの評判・体験談
Kizuki
Kizuki

管理人のKizukiの近所には大きなAEONがあり、ほぼ毎日訪れて日用品や食料品を購入していました。その時に役立ったのがイオンカードで、ゴールドカードユーザーでもあります。

確認項目イオンカードのサービス
国際ブランドVISA、Mastercard、JCBから選択可能
年会費無料
発行日申し込みから1~2週間後
旅行付帯サービスJALのマイル(イオンJMBカードの場合)
ショッピング枠上限は100万円
ポイントカードショッピング利用200円(税込)ごとに1ときめきポイント
WEB明細イオンカードの管理画面で確認可能

本記事では「ゴールドカードになると特典がいい」と評判のイオンカードに関する基本情報と体験談をお伝えします。

結論から申し上げると、イオンカードは「AEONによく買い物にいく人向け」のカードです。

この記事を読むことで、イオンカードのメリット・デメリットを含む評判を理解できるようになります。

記事を読み進めながら、イオンカードの特典サイトもご覧になってみてください。

「いますぐデメリットを知りたい!」という方は、こちらをクリックしてください(記事内の解説に移ります)
記事の信頼性
Kizuki

Sharestyle Kizuki管理人のKizukiです。国内外のシェアハウスで2年3ヵ月生活してきました(ルームシェアの経験は5か月)。大規模な研修施設での共同生活も経験しています。仕事はITと語学のフリーランスです。英検1級と通訳案内士を取得。自身の経験や見解に基づき、シェアハウス・フリーランス・英語学習の生活に関する記事を公開しています。

Kizukiをフォローする

イオンカードの評判・メリット・デメリットとは?【体験談】

イオンカードの評判・メリット・デメリットとは?【体験談】

イオンカードとは、イオンクレジットサービス株式会社から発行されているクレジットカードです。

Kizuki
Kizuki

管理人のKizukiは5年以上イオンカードを利用し続けてきました。

早速、イオンカードのメリットを見ていきましょう。

AEONユーザーの利便性が最強

自宅の近くにAEONがある場合、イオンカードで支払うとポイントがどんどん貯まるので、利便性は最強です。

カードショッピング利用200円(税込)ごとに1ときめきポイントが貯まるので、AEONで日用品や食料品を購入するだけで、特典を利用できます。

最近はキャッシュレス決済も普及していますし、嬉しい機能ですよね。

ちなみに蓄積した「ときめきポイント」をWAONポイントに変換したり、商品とも交換することができます。

Kizuki
Kizuki

私は過去に「ヘッドホン」「お茶」「WAONポイント」と交換してきました。ヘッドホンは今でも利用している愛機です。

ラウンジ好きにはたまらないゴールドカードの特典

日常的にAEONで買い物をする生活を1年近く続けてきたら、ある日突然ゴールドカードが届きました!

なぜゴールドカードが届いたのか?という理由は定かではありませんでしたが、公式サイトによれば直近年間100万円以上の利用額などの条件を満たす必要があるようです。

実際にゴールドカードが届いたので下記の特典を利用できるようになりました。

ゴールドカードの特典
  • AEONラウンジに入室できる
  • 国内・海外旅行傷害保険が付帯
  • ショッピングセーフティ保険もある

とくにAEONラウンジは重宝しました。

大きなAEONにはAEONラウンジがあり、同行者も1名まで一緒に入室できます。

友達とAEONで買い物した後にラウンジで休む上では、ゴールドカードが大活躍しました(友達も喜んでくれました!)

年会費が無料

最近はどのカードでもお馴染みの特典ですが「年会費も無料」です。

ゴールドカードに昇格しても年会費は変わらず無料であるのが、大きなポイントとなっています。

イオンカードのデメリットとは?

イオンカードのデメリットとは?

結論、フリーランスが申し込んでも審査に通る保証がないことと、AEONのヘビーユーザーでなければ恩恵を感じる機会が少ないです。

フリーランスが申し込んでも審査に通る保証がない

イオンカードに限った話ではありませんが、フリーランスやフリーターが申し込んでも審査に通るかどうかは定かではありません。

独立を考えているようでしたら、サラリーマンの間に作っておいた方がいいです。

既にフリーランスになってしまっている場合、FASIOビジネスカードのようなスタートアップ向けの事業カードが一つの選択肢となるでしょう。

AEONのヘビーユーザーでなければ恩恵を感じにくい

Kizuki
Kizuki

私はもともと毎日AEONで買い物をするヘビーユーザーだったこともあり、イオンカードの恩恵を受けてきました。しかしAEONが近くになかったり、実際にショッピングでAEONを利用する機会がない場合は、カードの恩恵を感じにくいかもしれません。

実際にAEONで買い物をすると、とにめきポイントをはじめとしたポイントが貯まっていきます。

貯まったポイントをWAONポイントに変換したり、ゴールドカードの会員になればラウンジの利用を楽しめるようになるでしょう。

しかし近所にAEONがなかったり、実際に買い物をする機会がないと「イオンカード使っているけど、ラウンジなどの特典を利用していない」という状況になるかもしれません。

イオンカードの契約前には、自分が実際にAEONで買い物などで利用する機会があるかどうかを確認しておきましょう。

まとめ:AEONユーザーの会社員ならイオンカード!

まとめ:AEONユーザーの会社員ならイオンカード!

本記事では、イオンカードのメリット・デメリット・体験談を紹介してきました。

結論、AEONユーザーの会社員なら、イオンカードにぜひ申し込んでみましょう。

Kizuki
Kizuki

フリーランスになってからもイオンカードを利用できるので、プライベート用などでお金を管理していくことも可能です。

ちなみにフリーランスとして会計管理を行い、将来的には法人化を検討している場合はマネーフォワードクラウド役立ちます。

個人事業主のクレジットカードと併せてクラウド会計ソフトも検討している場合は、「マネーフォワードクラウドの評判・メリット・デメリットを検証!」もぜひご参考ください。
お役立ち情報
Sharestyle Kizuki|フリーランス・英検・通訳案内士の情報を配信するブログ
タイトルとURLをコピーしました