【ココナラを使ってみた感想】評判・口コミは?トラブルはあるの?

【ココナラを使ってみた感想】評判・口コミは?トラブルはあるの?お役立ち情報

【ココナラを使ってみた感想】評判・口コミは?トラブルはあるの?

Kizuki
Kizuki

こんにちは、フリーランスのKizukiです!一般企業を経てフリーランスとして2019年に独立し、Webデザイン・プログラミング・通訳・翻訳・通訳案内士の仕事に携わってきました(Kizukiについてはプロフィールをご覧ください)今回は下記の疑問に答えます。

困っている人
困っている人

ココナラで仕事を発注してみようと思いますが、評判や口コミはどうなのでしょうか。トラブルがないのかどうか心配です。

結論、ココナラのルールを守り、コミュニケーションを円滑にとってくれる人であれば、仕事を発注してみましょう。

ココナラとは、仕事の受発注ができるクラウドソーシングサイトです。

管理人のKizukiも実際にココナラで仕事を発注しました。

主な目的は以下の2点。

  • ブログの利用規約・免責事項・プライバシーポリシーの作成
  • WEB制作の契約書作成

Googleで検索すれば、契約書や利用規約のひな型がたくさん出てきますが、案件に対応できる内容にするためにはカスタマイズが必要です。

Kizuki
Kizuki

法律の専門家でもない自分のような素人が文書作成をすると、問題が起きた時にうまく対応できないリスクがあるため、ココナラで行政書士に対応を依頼しました。しかも弁護士に見積をとったら数十万の金額を提示されましたし(笑)

本記事ではココナラを利用した時の体験談・メリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

記事の信頼性
Kizuki

Sharestyle Kizuki管理人のKizukiです。国内外のシェアハウスで2年3ヵ月生活してきました(ルームシェアの経験は5か月)。大規模な研修施設での共同生活も経験しています。仕事はITと語学のフリーランスです。英検1級と通訳案内士を取得。自身の経験や見解に基づき、シェアハウス・フリーランス・英語学習の生活に関する記事を公開しています。

Kizukiをフォローする

【ココナラを使った感想】評判・口コミは?トラブルはあるの?

【ココナラを使った感想】評判・口コミは?トラブルはあるの?

結論から言えば、問題なさそうな人に仕事を依頼すれば大きなトラブルは起こりません。

まずはココナラのメリットから見ていきましょう。

相見積が可能

ココナラでは同業者同士の相見積ができるので、複数の見積を取った後に最低金額の業者さんに発注できます。

業者さんによっては「案件対応中」などの理由ですぐに見積の返信が来ない時もありますが、アイコンの下にあるステータスを見れば忙しいかどうかが分かります。

クラウドソーシングだったせいか、見積金額は一般的な相場と比べたら安価でした(ちなみに弁護士から届いた見積は数十万!!!

文章で誠実さや業務対応能力が分かる

見積対応ではココナラのメッセシステムでやり取りをするので、文章から業者の人柄が分かります。

適当な小遣い稼ぎ程度で動いている場合は中途半端な返事がきますし、真摯に業務と向き合っている方だと丁寧な返信が届きます。

行政書士は国家資格なので、法律やルールを守って対応する旨を確認できるかどうかもポイントです。

人選も重要な作業なので、文章からしっかり判断していきたいですね。

顔写真や第3者の評価を確認できる

ココナラではプロフィール画像を掲載することができるため、発注前に業者の顔を確認できます

匿名で業務対応をしている人もいますが、行政書士などの士業だと顔写真を載せている場合がほとんどなので、「この人に依頼するんだな」とイメージが湧きやすいです。

逆に顔写真が掲載されていない場合は相手の素性が分からないため、注意が必要ですね。

やり取り後に決済可能

私がココナラで依頼した業務に関して、「正式な回答」を済ませた後に支払いをしました。

案件によっては別な流れになるかもしれないので、支払いのタイミングについては業者と事前に確認をしておきましょう。

匿名でやり取り可能

ココナラでは匿名でのやり取りが可能です(ここ大きなポイント)

見ず知らずの人とオンラインでやり取りをするわけなので、できる限り個人情報は漏らしたくないですよね。

Kizuki
Kizuki

私自身も匿名で仕事を発注しました。ココナラでやり取りをする際にも必要以上の情報開示は不要でしたので、変な不安を抱えずにやり取りできました。

ココナラのデメリット

ココナラのデメリット

ここまでココナラのメリットばかり書いてきましたが、デメリットについても把握しておきましょう。

素性がよく分からない人もいる

ココナラには素性がよく分からない人がいるのも事実です。

たとえばプロフィール画像を掲載せず、本名も開示していない謎の人物。

安い金額を提示していても、素性を明かさない場合は士業だと致命的ですよね。

Kizuki
Kizuki

私は行政書士を探していたので、顔写真と充実したプロフィールを載せている方を選びました。

「サービス手数料5.5%」が購入者側にかかる

ココナラはクラウドソーシングのサービスなので、「サービス手数料5.5%」が購入者側にかかります。

契約金額が大きくなれば手数料も上がりますので、手数料の数字をどう見るかは依頼者次第です。

Kizuki
Kizuki

私は「リスク回避のために必要なサービスを受けられるなら仕方ない」と考えていたので、そこそこの金額でしたが支払いました。「支払のコスト<問題発生時に想定されるコスト」を踏まえると、リスク対策としては必要な手続きだったと思っています。

まとめ:誰かに安く仕事を発注するなら「ココナラ」

まとめ:誰かに安く仕事を発注するなら「ココナラ」

弁護士に文書添削の見積を依頼したら、数十万の金額を提示されて困っていましたが、ココナラで行政書士に仕事を依頼したら比較的安価なコストで済みました。

Kizuki
Kizuki

インターネットでココナラの評判について調べるとさまざまな意見がありますが、大きなトラブルにならないためにも、しっかり業務対応をしてくれる人を選びましょう。

ちなみにココナラに限らず、何らかのサービスを利用すると、本記事のようなレビュー記事や体験談をコンテンツ化できます。

私が使用するサーバーについては「英語学習・留学ブログを書くならエックスサーバー【とにかく楽】」でレビューしています。

ブログでご自身のキャリアや体験談を発信していきたい場合は、下記の比較情報もご参考ください。

【ブログを始める時のおすすめレンタルサーバー】

【無料登録できるおすすめのアフィリエイトASP】

お役立ち情報
Sharestyle Kizuki|フリーランス・英検・通訳案内士の情報を配信するブログ
タイトルとURLをコピーしました