大人が英検を受けるのは恥ずかしいことなのか?【メリットが多い】

大人が英検を受けるのは恥ずかしいことなのか?【メリットが多い】英検1級・TOEIC

大人が英検を受けるのは恥ずかしいことなのか?【メリットが多い】

Kizuki
Kizuki

こんにちは、フリーランスのKizukiです!一般企業を経てフリーランスとして2019年に独立し、Webデザイン・プログラミング・通訳・翻訳・通訳案内士の仕事に携わってきました(Kizukiについてはプロフィールをご覧ください)今回は以下の悩みにお答えいたします。

困っている人
困っている人

英語を勉強しないまま大人になってしまったのですが、大人になってから英検を受けるのはどうでしょうか?子供や学生が多いイメージなので、少し恥ずかしいと感じてしまいます。

結論、大人になってから英検を受けても、恥ずかしいことではありません。

実際に英検の会場では、社会人やシニアの受験者が多く、生涯学習の一環で英語を勉強し続けている方もいます。

私は英会話学校にも通った経験がありますが、年齢を理由に英語の勉強を「恥ずかしい」と感じている人は一人もいませんでした。

私が英検を受験した時にも大人の方々が何人かいましたので、受験時の体験記をシェアしてみたいと思います。

本記事の内容
  • 大人が英検を受けるのは恥ずかしいことなのか?
  • 大人が英検を受けるデメリットとは?
  • 英検の受験を通して英語の勉強を楽しもう

本記事を読むことで、英検を受験する楽しさに触れられるようになります。

英語の勉強を通して何かにチャレンジしてみたいと思っている方は、本記事をご参考になってみてください。

記事の信頼性
Kizuki

Sharestyle Kizuki管理人のKizukiです。国内外のシェアハウスで2年3ヵ月生活してきました(ルームシェアの経験は5か月)。大規模な研修施設での共同生活も経験しています。仕事はITと語学のフリーランスです。英検1級と通訳案内士を取得。自身の経験や見解に基づき、シェアハウス・フリーランス・英語学習の生活に関する記事を公開しています。

Kizukiをフォローする

大人が英検を受けるのは恥ずかしいことなのか?【メリットが多い】

大人が英検を受けるのは恥ずかしいことなのか?【メリットが多い】

結論、大人が英検を受けるとメリットが多いので、何も恥ずかしがる必要はありません。

  • 有効期限がない資格
  • 他の資格試験にもいかせる
  • 英検の勉強を通して成長できる
  • 仕事で新しいポストや表彰の可能性がある
  • 英語学習仲間と出会えてお互い切磋琢磨できる

順番に見ていきたいと思います。

有効期限がない資格

英検の有効期限は原則としてありませんので、一度合格すれば繰り返し受験する必要がありません。

しかし転職や留学で英検の資格を使用する時には、提出先によって「2年以内」などの条件が設けられている場合があるため、事前に確認が必要です。

留学に活用する目的の場合は、合格証明書発行日から数えて2年間と定めています。ただし、留学の使用でなければ、取得した資格は半永久的なものです。 また、出願先が有効期限の長短を定めている場合がありますので、詳細は学校側に直接お問い合わせください。

引用元:海外留学のよくある質問

他の資格試験にもいかせる

英検1級を取得すると、通訳案内士試験の語学試験が免除になります。

通訳案内士とは、国内で外国人観光客を案内する時に、ガイドが所持する名称独占資格です。

1次試験では語学・地理・歴史・一般常識・通訳案内の実務のカテゴリーがあり、英検1級を取得しておくと英語の試験が免除になります。

英検1級を取得し、さらに上のレベルを目指したいという方は、下記記事もご参考ください。

英検の勉強を通して成長できる

Kizuki
Kizuki

英検の勉強を通して知的好奇心が掻き立てられ、上達しながら新しい視界に触れられるのが語学の醍醐味です。

実際に私が英検1級を受験した時には、中高生だけでなく小学生の受験者もいてびっくりした記憶があります。

もちろん社会人やシニアの受験者の方々も、試験直前までノートや参考書を見て準備していました。

当時の経験を振り返ると、「英語の勉強に年齢は関係ない」ということを感じます。

大人が年をとっても、チャレンジ精神が旺盛な場合は何にでも取り組めるのではないでしょうか。

仕事で新しいポストや表彰の可能性がある

英検に合格して職場で英語力を認められれば、新しいポストへつながったり表彰される可能性があります。

Kizuki
Kizuki

たとえば私の前職では、英検やTOEICで高いレベルの成績を残した人が表彰されることもありました。

「資格試験をとって何か役に立つの?」とたまに言われることがありますが、職場の規定でインセンティブ報酬が定められている場合もあるので確認してみましょう。

英検と並んで人気のあるTOEICについては、下記記事で比較していますので参考にしてみてください。

英語学習仲間と出会えてお互い切磋琢磨できる

英検の勉強を通して、英語学習中とも出会える機会があります。

Kizuki
Kizuki

私の場合は英会話学校に通ったり、インターネットで英語学習仲間を見つけて英語学習の情報交換を楽しみました。

とくに最近のSNSでは、英検の合否発表時に点数や合否報告会が行われています。

自分と同じく、英語の勉強を続ける通過点として英検を受験される方もいます。

英検を目指すことで人脈が広がり、人生の楽しみが増えるのは大きなメリットになりますね。

英会話教室に通った時の体験談については、下記記事で公開しています。

大人が英検を受けるデメリットとは?

大人が英検を受けるデメリットとは?

大人が英検を受けるデメリットがあるとすれば、受験料や参考書の購入費などの費用が挙げられます。

英検の受験料

2021年7月時点で英検の受験料は以下の通りとなっています(出典は英検の公式ウェブサイト

  • 1級:12,600円
  • 準1級:10,700円
  • 2級:9,700円
  • 準2級:9,200円
  • 3級:7,900円
  • 4級:4,900円
  • 5級:4,500円

中でも1級は「10,300円」なので、しっかり準備した上で受験したいですよね。

ちなみにTOEICは6,490円(税込)です(出典はTOEICの公式ウェブサイト

参考書

英検受験前には、過去問などの参考書を購入して傾向と対策を考えておきましょう。

  • 過去問で傾向と対策を知る
  • セクション別の教本も必要な場合は購入する必要がある
  • 対策はCD付の教本で行う

英検1級

英検準1級

英検2級

英検準2級

英検3級

英検4級

英検5級

英検を受験して英語の勉強を楽しもう【恥ずかしくない】

英検の受験を通して英語の勉強を楽しもう

本記事では「大人が英検を受験するのは恥ずかしいのか?」という問いに答えてきました。

結論、大人が英検を受験しても恥ずかしいことではなく、むしろ向上心あふれる大人として英語で成長できる可能性を残しています。

  • 英語を勉強すると仕事でも役立つ
  • 新しい資格試験にも挑戦したくなる
  • 勉強の記録や受験の体験記を発信できる
Kizuki
Kizuki

私の場合は、英検1級の勉強を通して上記のようなメリットを感じてきました。英検は資格試験の一つですが、勉強を通して学習者自身が大きく成長できると思っています。

英検を受験すると、本記事のように体験談をブログ記事としてコンテンツ化できますし、副業にもつながります。

ブログでご自身のキャリアや体験談を発信していきたい場合は、下記の比較情報もご参考ください。

【ブログを始める時のおすすめレンタルサーバー】

【無料登録できるおすすめのアフィリエイトASP】

タイトルとURLをコピーしました