【合格点は?】英検1級単語の覚え方とは?5つのポイント

【合格点は?】英検1級単語の覚え方とは?5つのポイント英検1級・TOEIC

【合格点は?】英検1級単語の覚え方とは?5つのポイント

Kizuki
Kizuki

こんにちは、フリーランスのKizukiです!一般企業を経てフリーランスとして2019年に独立し、Webデザイン・プログラミング・通訳・翻訳・通訳案内士の仕事に携わってきました。

(Kizukiについてはプロフィールをご覧ください)

困っている人
困っている人

英検1級の単語って難しくないですか?

覚える量も多いし…どのようにして勉強すればいいのですか?

英検1級の単語問題で合格点に達するポイントは「コロケーション」です。

英検1級の1次試験には、英字新聞やCNNなどの英語放送を正しく理解するために必要となる単語力が問われるセクションが登場します。

25問中20問以上の正答が合格点に達する目安です。

10,000語水準の単語力が求めらえるため、ただ参考書に目を通す程度の付け焼刃の対策で臨むのは無謀と言えるでしょう。

的確な対策に基づいた単語力強化を行えば、英検1級の1次試験突破だけではなく、その後の英語学習にも大きく役立ちます。

本記事では、英検1級1次試験合格に向けた単語力強化の方法を紹介したいと思います。

英検1級の体験談を含めた英語学習情報を副業ブログで発信し、収益化を始めるノウハウを知りたい方は「【暴露】英語学習アフィリエイトブログで稼ぐ3つのポイント」もご参考ください。
記事の信頼性
Kizuki

Sharestyle Kizuki管理人のKizukiです。国内外のシェアハウスで2年3ヵ月生活してきました(ルームシェアの経験は5か月)。大規模な研修施設での共同生活も経験しています。仕事はITと語学のフリーランスです。英検1級と通訳案内士を取得。自身の経験や見解に基づき、シェアハウス・フリーランス・英語学習の生活に関する記事を公開しています。

Kizukiをフォローする

英検1級の単語の覚え方を知る前に、そもそも英検とは?

英検1級の単語の覚え方を知る前に、そもそも英検とは?

英検とは、公益財団法人日本英語検定協会が主催する英語の検定試験です。

レベルは上から順番に、1級・準1級・2級・3級・4級・5級という構成になってます。

1次試験はマークシートと作文を含む筆記試験となっており(4級と5級はマークシートのみ)、2次試験は試験官と対話する面接試験です。

英検1級の単語問題は、筆記試験の冒頭で出題されます。

解答時間の目安は10分~15分程度と言われていますが、難易度は高いので数カ月かけて語彙力を定着させる工夫が必要です。

下記記事では英検1級とTOEICの単語レベルを比較していますので、どちらの試験を受験しようか検討中の方はご参考ください。

【合格点は?】英検1級単語学習5つのポイント

【合格点は?】英検1級単語学習5つのポイント

結論、英検1級の単語力強化となるポイントは以下の通りです。

ポイント
  1. コロケーションを意識する
  2. 音読して記憶定着を図る
  3. インプットでは隙間時間を利用する
  4. アウトプットの機会も作る
  5. 過去問を解く

コロケーションを意識する

Kizuki
Kizuki

コロケーションとは「単語+単語」という形で、覚える対象の単語に関連する形容詞や名詞などを組み合わせて覚える学習法です。

たとえばnoxious chemicals(有害な化学物質)を例として考えてみましょう。

noxious(有害な)だけではなくchemicals(化学物質)も加えることで、「有害な」という単語固有の意味だけではなく、関連用語と併用しながらどのシチュエーションで使えるかを理解できます。

基本的には上記の例のように2語を組み合わせて覚えていくので、大きな負荷を感じないのが特徴です。

辞書や単語帳に関しても、コロケーションの例文が載っているものを選ぶといいでしょう。

音読して記憶定着を図る

Kizuki
Kizuki

「英語学習を通して考える|音読の勉強法と効果とは?」でも触れています通り、音読中は脳内の「前頭前野」という場所が活性化して記憶力が向上します。

無言で単語帳を眺めて勉強する方もいますが、口パクだけでもいいので音読を意識した勉強を続けると、記憶定着率が改善されます。

ちなみにCD付の教材を使う場合、シャドーイングという学習法で練習するのも効果的です。

シャドーイングの効果については「【英語学習】シャドーイングのやり方と効果を知る6つのポイント」で解説しています。

インプットでは隙間時間を利用する

Kizuki
Kizuki

単語力強化の勉強では、できるだけ日常生活の隙間時間を利用しましょう。基本的には単語帳を音読してシャドーイングを繰り返し、一つのページを覚えたらまた次にいくという単純作業が延々と続きます。

まとまった時間をとって勉強に充てるというより、通勤・通学の歩行時間や食事中に単語帳を使いながら覚えていくと、日常生活に定着していきます。

私自身の経験を振り返ると、座りながら単語を覚えようとすると眠くなってしまうリスクがあるため、歩いたり走ったりしながら覚えていくと継続しやすいです。

アウトプットの機会も作る

新しく単語を覚えた後は、スピーキングかライティングでアウトプットする機会を作ってみましょう。

インプットに固執せず、実際にアウトプットすることで「この状況で使えた」という自信を得ることができるので、仕事などでも十分に活かすことができます。

アウトプットの作業が1次試験のライティング対策や2次試験のスピーキング対策につながっていくため、小刻みに発信面のトレーニングも続けていくようにしてください。

ライティングのアウトプットについては「英検1級ライティング対策5つのポイント」で解説しています。

英会話教室などで使ってみると発信の機会をうまく作れますので、下記記事もご参考ください。

過去問を解く

英検1級試験対策の基本は「過去問を解くこと」です。

過去問を実際に解くことで、本番をイメージして合格点に達するための問題の解き方を自分で考えられるようになります。

たとえば問題を解く順番が挙げられます。

英検1級1次試験の時、私は下記の順番で問題を解いていきました。

順番
  1. 単語問題
  2. ライティング
  3. リーディング
  4. 早めに終えてリスニングの先読み

単語問題に関しては10分~15分の時間で解いていました(速い人は10分以内で終わらせるようです)

単語力強化は重要ですが、合格点に到達するのが大きな目的なので、試験問題を解く勘を事前に養っておくのも重要です。

英検1級単語問題は良質な教材で合格点を目指そう

英検1級単語問題は良質な教材で合格点を目指そう

英検1級の単語問題で合格点に達する方法を考えると、英字新聞から自分の知らない単語を拾ってくる程度の対策では歯が立ちません(可能としても時間がかかります)

短時間に必要な単語を覚え、実際に試験問題で正答につなげるためには、英検1級に準拠した教材を選びましょう。

私が実際に使用したのはパス単です。

言わずと知れた英検単語対策の1冊です。

他の資格試験対策となると別の教本が必要ですが、英検1級の単語問題対策に関してはパス単1冊で合格点に届きました。

まずはパス単1冊を1巡・2巡と繰り返し使い込み、完璧にしてみてみましょう。

英検1級一次試験の時間配分については下記記事で解説していますので、ご覧になってみてください。

タイトルとURLをコピーしました