フリーランスのやる気がない時は○○すればよし【体験談】

フリーランスのやる気がない時は○○すればよし【体験談】お役立ち情報

フリーランスのやる気がない時は○○すればよし【体験談】

Kizuki
Kizuki

こんにちは、フリーランスのKizukiです!一般企業を経てフリーランスとして2019年に独立し、Webデザイン・プログラミング・通訳・翻訳・通訳案内士の仕事に携わってきました(Kizukiについてはプロフィールをご覧ください)今回は以下の悩みにお答えいたします。

困っている人
困っている人

フリーランスを続けてきたのですが、やる気やモチベーションを保てなくて困っています。どうすればいいですか?

結論、一旦仕事や勉強から離れて休み、以下の方法で再びやる気を高める工夫をすることが重要です。

本記事のポイント
  1. 生活環境を変えてみる
  2. 未経験の分野に挑戦してみる
  3. 信頼できる人と話してみる
  4. 何も考えずに運動してみる

フリーランスの最大のメリットは「選択の自由」ですが、その一方で自営業独特の悩みも多いです。

とくに新型コロナウイルスでテレワークに移行するフリーランスが増えると、「孤独」や「運動不足」により「やる気がなくなった」という声を聞くようになりました。

Kizuki
Kizuki

私自身もフリーランスのモチベーションを維持するのには何度も苦慮してきたので、気持ちは痛いほど分かります。

本記事を読むことで、モチベーションの低下に苦しむフリーランスが、再び仕事や勉強面でやる気を出すきっかけを得られるようになります。

やる気がなくなって悩んでいるフリーランスの方は、記事をご参考ください。

記事の信頼性
Kizuki

Sharestyle Kizuki管理人のKizukiです。国内外のシェアハウスで2年3ヵ月生活してきました(ルームシェアの経験は5か月)。大規模な研修施設での共同生活も経験しています。仕事はITと語学のフリーランスです。英検1級と通訳案内士を取得。自身の経験や見解に基づき、シェアハウス・フリーランス・英語学習の生活に関する記事を公開しています。

Kizukiをフォローする

フリーランスのやる気がない時は○○すればよし【体験談】

フリーランスのやる気がない時は○○すればよし【体験談】

解決策としては「普段とは異なることをやってみましょう」の一言に尽きます。

私が過去に試みたことをシェアしていきますね。

生活環境を変えてみる

モチベーションが上がらなかった時期には、思い切って引越ししました(笑)

引越し前には千葉に住んでいたのですが、仕事の関係で東京に行き来する生活の中でマンネリ化を感じていました。

仕事に対するモチベーションが減退し、毎日の生活を楽しめていない典型ですね。

そんなある日、帰りの電車の窓から外を見ていたら「なんで俺こんなことやってんだ?」と思い、その日のうちに引越し先を探し始めました。

翌月には東京のシェアハウスに引越し、通勤や生活環境が大きく変わったせいで気分転換になったのを覚えています。

思い切って冷蔵庫や洗濯機などの固定資産を処分し、身軽にあちこち移動できるようになったのもプラスに働いたと思います。

下記記事でバックパック引越しをした話を記載しているので、興味がある方はご覧になってみてください。

関連記事>>東京のシェアハウスにバックパックとスーツケースで引越した話

未経験の分野に挑戦してみる

モチベーションが低下する原因のほとんどは、生活のマンネリ化にあります。

仕事や勉強も含めて、朝から晩まで同じことの繰り返しだと、さすがに飽きてきますよね。

私自身もフリーランスを始めた当初は仕事ばかりだったので、半年ほど続くとやる気がなくなってきました(笑)

やる気がなくなってきた時に始めたのは、楽器のサークル活動です。

個人的にギターやピアノの練習が趣味だったこともあり、楽器練習サークルに入らせて頂いて、週末はサークル参加者の方々と一緒に練習しました。

フリーランスになると昼も夜も関係なく、仕事や勉強に勤しむ機会が増えるので、どこかで日常から離れる工夫があるといいですよね。

ちなみに英語学習をされている場合はブログを始めるのも気分転換になりますので、下記記事もご参考ください。

信頼できる人と話してみる

フリーランスのモチベーションが切れる原因の一つとして、「心が病んでいる」場合もあります。

心が病んでいる時は、信頼できる人と話をしてみましょう。

とくにテレワークを続ける一人暮らしのフリーランスは、以下のような悩みを抱えがちですよね。

  • リアルな話し相手がいない
  • 修行僧のような生活に追い詰められる
  • 癒しがなくて困る
  • とにかく寂しい

独身のフリーランスがテレワークをやると、孤独との闘いが待っています。

慣れないままテレワークを続けても、場合によっては心が病んでやる気が失せ、回復するまでに時間がかかるリスクもあります。

「今、ヤバい状態だな」と感じたら、誰かと話をしてみましょう。

何も考えずに運動してみる

やる気がなくて「なんかもう無理」となってしまった場合、無理に自分に抗うことなく、近所をウォーキングしてみましょう。

運動してみると、頭の中が真っ白になりやすく、部屋に引きこもっているよりも気分転換できるようになります。

最初はウォーキングで身体を慣らしていき、運動の習慣が身に着いてきたらランニングに切り替えてみるのもいいでしょう。

全国には多くのマラソンチームが発足していますので、ダイエット目的でチームで活動してみるのもありですよね。

関連記事>>テレワーク太りから5kgのダイエットを成功させた方法【体験談】

フリーランスのやる気が出ない時は、誰かと交流しよう

以上、フリーランスがやる気をなくした時の対処について解説しました。

もう一度おさらいしておきましょう。

  1. 生活環境を変えてみる
  2. 未経験の分野に挑戦してみる
  3. 信頼できる人と話してみる
  4. 何も考えずに運動してみる

上記の4つに共通しているのは「人との交流」です。

テレワークに移行して人との交流が減り、パソコンやスマホでテレビ電話を余儀なくされているフリーランスも多いですが、長く続くと持ちません。

Kizuki
Kizuki

最悪のケースではうつ病を発症するリスクも高いため、「これはヤバいな」という自覚症状を感じた時には、早めに誰かに相談してみましょう。

ちなみに友達以外で誰かに話を聞いてもらいたい時は、ココナラで悩み相談の相手を探せます。

婚活サイトではないので、肩書きなどを気にせず、悩みを聞いてもらえる相手を気軽に探せるのが大きなメリットです。

ココナラのメリット
  • 短時間で登録できる
  • 時間を指定できる
  • 第3者のサービス評価を確認できる
  • 肩書き関係なく気軽に話せる
  • 異性の話し相手を見つけられる

悩みがある場合は、ココナラで無料登録だけでもしておき、我慢できなくなったら話ができるようにしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました