マネーフォワードクラウドの評判・メリット・デメリットを検証!

マネーフォワードクラウドの評判・メリット・デメリットを検証!お役立ち情報

マネーフォワードクラウドの評判・メリット・デメリットを検証!

Kizuki
Kizuki

こんにちは、フリーランスのKizukiです!一般企業を経てフリーランスとして2019年に独立し、Webデザイン・プログラミング・通訳・翻訳・通訳案内士の仕事に携わってきました(Kizukiについてはプロフィールをご覧ください)今回は下記の疑問に答えます。

困っている人
困っている人

個人事業か副業でクラウド会計ソフトを使いたいと思っているのですが、どれがいいのかが分かりません。オススメのクラウド会計ソフトはどれですか?

結論、マネーフォワードクラウドを利用すれば、初心者でも簡単に記帳から確定申告まで行えるようになります。

副業1年目の会社員や開業1年目の個人事業主が、自分で確定申告をしなければいけない場合、以下の悩みが出てきますよね。

個人事業主の悩みの種
  • 青色申告の記帳にあまり時間をかけたくない…
  • 確定申告にも時間をかけたくない…
  • クラウド会計の使い方が分からない…

フリーランスや副業の初心者が抱えがちな悩みを一度に解決してくれるクラウド会計ソフトが、マネーフォワードクラウドです。

先日ツイートした内容をご紹介します。

とくに「書類・レポート出力が簡単」というメリットがポイントで、確定申告の書類をすぐに印刷できます。

この記事を読むことで、個人事業主や副業を始めた会社員が抱える確定申告の悩みを解決するポイントや、マネーフォワードクラウドのメリット・デメリットを理解できるようになります。

Kizuki
Kizuki

他にもやよいの青色申告オンラインfreeeのようなクラウド会計ソフトがありますが、私は「将来的に法人化をしたり、経費管理やレポート出力など多面的な機能を使う可能性があるかもしれない」と感じ、マネーフォワードクラウドにしました。

クラウド会計をマネーフォワードクラウドにしようかどうしようかな…とお考えの方は、ぜひ本記事をご覧になってみてください。

まずはデメリットについて知りたい!という方はこちらをクリックしてください(デメリットの説明に飛びます)
記事の信頼性
Kizuki

Sharestyle Kizuki管理人のKizukiです。国内外のシェアハウスで2年3ヵ月生活してきました(ルームシェアの経験は5か月)。大規模な研修施設での共同生活も経験しています。仕事はITと語学のフリーランスです。英検1級と通訳案内士を取得。自身の経験や見解に基づき、シェアハウス・フリーランス・英語学習の生活に関する記事を公開しています。

Kizukiをフォローする

【フリーランス・副業】マネーフォワードクラウドの評判を検証!

【フリーランス・副業】マネーフォワードクラウドの評判を検証!

マネーフォワードクラウドの主なサービスは以下の通りとなっています。

確認項目マネーフォワードクラウドの主なサービス
プラン料金パーソナルの場合、980円/月(年額 11,760 円)
確定申告自動で書類を出力。青色申告にも対応
Kizuki
Kizuki

個人事業主や副業1年目の人が気になるのは、「利用料金」「簿記の知識がなくても大丈夫なのか」「書類の出力は大丈夫なのか」などですよね。ポイントは他にもありますので、メリット・デメリットも含めて見ていきましょう!

マネーフォワードクラウドのメリット

マネーフォワードクラウドのメリット

上図の通り、マネーフォワードクラウドのメリットはいろいろとあるのですが、開業したばかりの個人事業主・副業1年目の初心者の視点から考えてみたいと思います。

マネーフォワードクラウドのメリット
  1. 法改正に自動対応
  2. 書類・レポート出力が簡単
  3. 自動連携数は国内No1
  4. スマホの確定申告にも対応

法改正に自動対応

そもそも管理人Kizukiがクラウド会計を利用しようと思ったのは、「クラウド会計だと法改正に自動対応するから」でした。

エクセルでも記帳を済ませたり、確定申告の書類を作ることは可能ですが、法改正には対応していません。

専門家でもないのに、法律を確認して書類を出力するのは不安がありますよね。

Kizuki
Kizuki

個人的にもすべて自力で記帳して書類を出力するのは得策ではないと感じたので、マネーフォワードクラウドを利用することに決めました。

書類・レポート出力が簡単

マネーフォワードクラウドでは、個人事業主や副業の確定申告で必要となる書類の出力が可能なので、必要書類を印刷してさっさと提出できます。

確定申告で必要な書類
  • 確定申告書B
  • 青色申告決算書
  • マイナンバー(または通知カードの写し)

上記の「確定申告書B」と「青色申告決算書」には住所などの個人情報も記載するのですが、マネーフォワードクラウドのユーザー登録時に必要事項を記入しておけば、自動転記されます。

Kizuki
Kizuki

2019年の確定申告は「e-tax」で済ませようとしましたが、何かと面倒くさかったのでマネーフォワードクラウドから出力して印刷した後に提出しました(笑)

自動連携数は国内No1

マネーフォワードクラウドは、銀行・クレジットカード・電子マネーなどと連携できる数が国内でNo1です。

たとえば口座情報と連携していれば、いちいち口座の数字を確認した後に手動で転記するという煩わしい作業を省けます。

手作業ですべて行おうとすると、ただ疲れるだけでなくエラーも誘発するリスクがありますので、連携機能は大きなチェックポイントです。

スマホの確定申告にも対応

スマホの確定申告にも対応

あまり知られていないようですが、マネーフォワードクラウドはスマホにも対応しているので、スマホ画面を操作して確定申告が可能となっています。

Kizuki
Kizuki

個人的にはパソコンで経費の記帳と確定申告の準備を行ってきましたが、スマホをメインで使用される方にとっては便利ですよね。

iOSやAndroidのユーザーが決算書を出力するためには有料プランへの加入が必要なので、詳細はマネーフォワードクラウドで確認してみましょう。

マネーフォワードクラウドのデメリット

マネーフォワードのデメリットについても見ていきましょう。

とくに初期費用・契約更新費用の部分は重要なのでご確認ください。

デメリット
  1. 年額の料金がかかる
  2. 基礎的な簿記の知識は必要
  3. 個人情報流出のリスクがゼロではない

年額の料金がかかる

年額の料金がかかる

マネーフォワードクラウドで確定申告をする場合、無料ツールではありません。

ご自身の用途に応じたプラン選択が必要になります。

Kizuki
Kizuki

「確定申告書を作成して提出するだけで大丈夫」という方は「パーソナルミニ」、請求関連書類の作成と管理まで行う場合は「パーソナル」、電話サポートが必要な方は「パーソナルプラス」という選択になります。

確定申告は慣れるまで誰かのサポートが必要という意見も一理あります。

「【語学フリーランス】確定申告を効率的に済ませる5ステップ」で解説していますように、対面で相談相手が必要な場合は無料税理士相談も積極的に活用してみてください。

基礎的な簿記の知識は必要

どのクラウド会計ソフトを利用する際にも、経費を記帳するためには、必要最低限の簿記の知識が必要です。

たとえば11月や12月に売上が出たとしても、実際の入金が翌々月になる場合は「売掛金」という勘定科目を扱う場合があります。

発生主義で会計業務を行う原則を知らないままだと記帳漏れになるリスクがあるため、ご自身である程度の勉強をする必要があります。

個人情報流出のリスクがゼロではない

クラウド会計ソフトである以上、個人情報が流出するリスクがゼロとは言えません。

とくに銀行口座やクレジットカード情報と連携していると尚更です。

Kizuki
Kizuki

どうしても不安だという方はエクセルのようにローカルで作業できる環境を整えるか、クラウド会計を使う時に銀行口座などの情報と連携しないように工夫しておきましょう。

デメリットを踏まえて考えること

マネーフォワードクラウドのデメリットとして必要最低限の簿記の知識必要となるので学習コストがかかりますが、将来的に事業を拡張する際には大きく役立ちます。

とくに個人事業主や副業の事業を法人化するという話になり、経費管理が複雑になってきた時に一元管理できる多機能のマネーフォワードを利用していれば、対応しやすくなります。

マネーフォワードの機能を使いこなすために簿記の学習コストが必要となりますが、将来への自己投資と考えて割り切るのも重要です。

マネーフォワードクラウドへの申し込む手順

さっそく、マネーフォワードクラウドのアカウントを作成してみましょう。

10分程度で済みますので、実際に手を動かしてアカウントを作成をしてください。

マネーフォワードのアカウント登録手順
  1. マネーフォワード IDの申し込み
  2. ログイン後に利用開始

マネーフォワード IDの申し込み

まずはマネーフォワードクラウドのトップページ下部にある「無料ではじめる」をクリックしてください。

マネーフォワード IDの申し込み

マネーフォワード ID登録のフォームが表示されるので、メールアドレスでアカウント作成をする場合はメールアドレスを入力してください。

また「マネーフォワード ID利用規約」「個人情報の取扱」についても確認し、「上記に同意して登録する」をクリックしてください。

「マネーフォワード ID利用規約」「個人情報の取扱」についても確認し、「上記に同意して登録する」をクリックしてください。

一方でメールアドレス以外で「Google・Apple・Yahoo」のアカウントから登録を希望される方は、「メールアドレス以外で登録する」を選択し、ログインしてください。

メールアドレス以外で「Google・Apple・Yahoo」のアカウントから登録を希望される方は、「メールアドレス以外で登録する」を選択してください。

 

ログイン後に利用開始

ログイン後に利用を開始します。

基本的な使い方は「使い方ガイド」にスクショ付きで記載されているので、慣れるまではガイドに従いながら記帳をしていきましょう。

とくに「事業者設定」は重要なので、「はじめてガイド」を参照して設定してください。

最後に:事業拡張を狙う個人事業主が選ぶクラウド会計

最後に:事業拡張を狙う個人事業主が選ぶクラウド会計

本記事ではマネーフォワードクラウドについてご紹介しました。

結論、マネーフォワードクラウドを利用すれば、初心者でも簡単に記帳から確定申告まで行えるようになり、事業拡張にも役立ちます。

Kizuki
Kizuki

多機能が特徴となっているマネーフォワードクラウドですが、簿記の知識を身に着ければ各種経費管理がしやすいクラウド会計ソフトです。

個人事業主や副業でクラウド会計を始めよう!とお考えの方は、マネーフォワードクラウドで1か月間の無料トライアルをやってみましょう!

マネーフォワードクラウド

ちなみに個人事業主として活動する場合、クレジットカードをプライベートと事業用で分けるか・分けないかで悩みますよね。

下記記事ではクレジットカードを事業用とプライベートで分けた体験談を載せていますので、ご参考ください。

タイトルとURLをコピーしました