シェアハウスの騒音がひどい!苦情を申し立てるとどうなるのか?

シェアハウスの騒音がひどい!苦情を申し立てるとどうなるのか?お役立ち情報

シェアハウスの騒音がひどい!苦情を申し立てるとどうなるのか?

Kizuki
Kizuki

こんにちは、フリーランスのKizukiです!一般企業を経てフリーランスとして2019年に独立し、Webデザイン・プログラミング・通訳・翻訳・通訳案内士の仕事に携わってきました。国内外でシェアハウスの生活も経験しました(Kizukiについてはプロフィールをご覧ください)

今回は以下の疑問にお答えします!

シェアハウスに入りたい人
シェアハウスに入りたい人

シェアハウスの騒音問題をよく聞くけど、管理会社に苦情を申し立てるとどうなるのですか?

結論、基本的には物件の管理者がシェアハウスの規定に則り、騒音の苦情に対応してくれます。

シェアハウスのトラブルでよく挙げられるのは「騒音」ですよね。

管理人がシェアハウスに住んでいた時は、深夜の騒音に数週間悩まされました。

しかしいきなりご近所さんにモノを言うと住民トラブルに発展するリスクがあったので、管理会社に苦情を申し立てました。

ご近所さんに明らかな規約違反(深夜の騒音)が見られたため、迅速に対応してもらえました。

本記事では「シェアハウスの騒音がひどくて苦情を申し立てるとどうなるのか」について解説していきたいと思います。

記事の信頼性
Kizuki

Sharestyle Kizuki管理人のKizukiです。国内外のシェアハウスで2年3ヵ月生活してきました(ルームシェアの経験は5か月)。大規模な研修施設での共同生活も経験しています。仕事はITと語学のフリーランスです。英検1級と通訳案内士を取得。自身の経験や見解に基づき、シェアハウス・フリーランス・英語学習の生活に関する記事を公開しています。

Kizukiをフォローする

シェアハウスの騒音がひどい!苦情を申し立てるとどうなるのか?

シェアハウスの騒音がひどい!苦情を申し立てるとどうなるのか?

結論、シェアハウスの規約に違反しているケースであれば、騒音の苦情には真摯に対応してもらえます。

そもそも何が起きたのか?

隣人が深夜に電話をすることが多く、ほぼ毎晩十分に眠れない問題に悩まされました。

Kizuki
Kizuki

シェアハウス入居前には下見をしていましたが、壁の厚さをしっかり確認していなかったのが反省点だったと感じています。

隣人が海外留学生だったこともあり、最初は「時差の関係で連絡を取る必要があるのかな」と考えていましたが、ほぼ毎日睡眠が妨げられていたので苦情の申し立てに至りました。

騒音の苦情を申し立てた時の管理者の対応

物件の管理者に連絡をすると、隣人に事実確認してから注意をしてくれました。

経過観察をしてから再度同様の問題が発生した時には、誓約書にサインしてもらう措置を検討するという返答を受けました。

しばらくは静かに眠れる夜が続くかと思いましたが、1ヵ月が経つ頃にはまた同じ状況に戻ってしまったので再度連絡をしました。

物件の担当者が変わっていましたが、新しい担当者の方に騒音の状況を説明し、対応をお願いしました。

Kizuki
Kizuki

2回目の苦情を申し立てた後には隣人は夜になると外で電話をするようになり、夜は静かに眠れるようになりました。

下記記事でも触れていますが、仕事をする社会人は静かに過ごせる環境を選んだ方がいいです。

騒音がひどいシェアハウスを避ける事前準備とは?

騒音がひどいシェアハウスを避ける事前準備とは?

結論、騒音に悩まされないシェアハウスの部屋を見つけるための準備では、以下の2つが不可欠です。

  1. 物件の情報収集
  2. 土休日の下見

順番に解説していきます。

物件の情報収集

まずはインターネットでシェアハウス関連のキーワードを使いながら、情報収集を行いましょう。

たとえば以下のキーワードを組み合わせて検索すると、検索結果には騒音関連の情報が出てきます。

  • シェアハウス 騒音
  • シェアハウス トラブル

検索結果の中には、防音設計のシェアハウスに関する情報が見つかる場合があります。

シェアハウス物件の中には「防音シート入りの部屋」が紹介されていることもあります。

防音シート入りの部屋なんて魅力的です(笑)

Kizuki
Kizuki

インターネットで検索すると必要な情報が出てきますので、「鉄筋コンクリート」の物件が見つかれば、ブックマークしておくといいですね。

複数の物件を注意深く見ていき、実際に下見でどのレベルで防音設備が整っているのかを確認していく流れです。

土休日の下見

情報が揃ったら、いよいよシェアハウスの下見です。

Kizuki
Kizuki

タイミングとしては、下見は土休日の昼間に行いましょう。住民が自室にいて音楽を聴いたり、音を立てている時間帯に下見をすることで実際の音の響き具合が分かります。平日だと住民が仕事や大学に行っていて、騒音のレベルを確認できないため、注意が必要です。

可能であれば、担当者にお願いして壁越しに音を出してもらうといいでしょう。

シェアハウス入居後のトラブルを未然に防ぐためにも、しっかり確認しておきましょう。

まとめ:シェアハウスの騒音に悩まされないポイントは?

まとめ:シェアハウスの騒音に悩まされないポイントは?

結論、シェアハウスの騒音に悩まされないポイントは以下の3つです。

  • 築年数が浅い
  • 鉄筋コンクリート
  • 共有スペースと個室の距離

築年数が浅い

築年数が浅いシェアハウスを探してみると、水回りに清潔感があって防音設備も施されている部屋が公開されていることが多いです。

せっかくシェアハウスで生活するなら、比較的望ましい環境で生活していきたいですよね。

水回り付きのシェアハウスを選ぶポイントについては下記記事で解説していますので、ご参考ください。

鉄筋コンクリート

最近では鉄筋コンクリートのソーシャルレジデンス物件を管理するシェアハウス企業もあり、中には防音室で楽器練習できる物件も公開されています。

たとえばオークハウスのブログには、防音室で楽器の練習に励む入居者さんの生の声が掲載されています。ドラムやギターなどの楽器を練習したい方には最適な環境ですよね。

共有スペースと個室の距離

新築のソーシャルレジデンスだと、共有スペースが個室から離れていることが多いです。

ソーシャルレジデンスだけでなく、築年数が浅くて鉄筋コンクリートでできているシェアハウス物件は、防音面では大きく役に立ちます。

シェアハウスの体験談を公開する上ではブログが役立ちます。

サービスの比較ポイントをまとめておきますので、ブログを始めようと思っている方はご参考ください。

【無料アフィリエイトASP】

【ブログを始めるためのレンタルサーバー】

タイトルとURLをコピーしました