未経験のWebデザイナーでも副業・在宅勤務ができる3つの理由

未経験のWebデザイナーでも副業・在宅勤務ができる3つの理由ブログ

未経験のWebデザイナーでも副業・在宅勤務ができる3つの理由

Kizuki
Kizuki

こんにちは、管理人のKizukiです!

今回は以下の悩みにお答えしていきたいと思います。

(Kizukiについてはプロフィールをご覧ください)

困っている人
困っている人

未経験のWebデザイナーでも在宅勤務は可能ですか?

結論、仕事で必要なスキルを身に着けており、クライアントとの信頼関係を築けていれば、未経験でも副業・在宅勤務が可能です

一般的に「Webデザイナーの副業や在宅勤務は経験がないと無理」と言われますが、私は未経験の状態で独立し、在宅勤務で仕事に対応してきました。

本記事では「未経験のwebデザイナーでも副業・在宅勤務できる3つの理由」をご紹介したいと思います。

本記事の内容
  1. 未経験のWebデザイナーでも在宅勤務できる3つの理由
  2. Webデザイナーの在宅勤務に向いていない人とは?
  3. Webデザイナーとしてのスキルを身に着けよう

本記事を読むことで、Webデザイナーとして在宅勤務をできる条件を理解できるようになります。

「未経験だけど、Webデザイナーとして副業や在宅勤務をしたい」と考えている方は、ぜひご覧になってください。

副業ブログでご自身の経験や知識を発信し、収益化を始めるノウハウを知りたい方は「【初心者向け】副業ブログの始め方とは?ポイントは5つ」もご参考ください。
記事の信頼性
Kizuki

Sharestyle Kizuki管理人のKizukiです。国内外のシェアハウスで2年3ヵ月生活してきました(ルームシェアの経験は5か月)。大規模な研修施設での共同生活も経験しています。仕事はITと語学のフリーランスです。英検1級と通訳案内士を取得。自身の経験や見解に基づき、シェアハウス・フリーランス・英語学習の生活に関する記事を公開しています。

Kizukiをフォローする

未経験のWebデザイナーでも副業・在宅勤務ができる3つの理由

未経験のWebデザイナーでも副業・在宅勤務ができる3つの理由

結論、未経験でも仕事で必要なスキルセットを持ち、自己管理を徹底しながらクライアントとの信頼関係を築けていれば在宅勤務は可能です。

未経験でも仕事で必要なスキルセットを身に着けている

Kizuki
Kizuki

通勤・在宅勤務を選ぶ前の前提条件として、一定のスキルセットは必要です。Webデザイナーの仕事に携わる場合は、最低でも下記のスキルを身に着けておくといいでしょう。

  • HTML・CSS:ウェブサイトを構成
  • Javascript:プログラミングの基礎知識
  • jQuery:アニメーションなどを構成
  • PHP:バックエンド言語の基礎知識
  • SQL:データベースの基礎知識
  • WordPress:シェアが大きいCMS(データを一元管理できるシステム)
  • Photoshop:画像加工で使うソフト

私はUdemyの教材を使って勉強したので、下記記事で教材を紹介しています。

WordPressは法人でも導入しているケースが多く、プログラミング言語の基礎を習得した後にWordpressを使えるようにしておくといいでしょう。

WordPressの使い方については、下記記事で解説しています。

Photoshopを使った作業では、ショートカットを使うと時短につながります。

下記記事ではPhotoshopのショートカットについて解説していますので、ご参考ください。

自己管理を徹底できている

在宅勤務では常に自己管理が求められます。

たとえば以下の項目が重要です。

  • 健康な食生活
  • 適度な運動
  • 息抜き
  • 家族の存在

とくに長く在宅勤務を続ける上では健康管理が欠かせません。

カップラーメンを毎日食べているだけでは十分な栄養は取れませんし、毎日座りっぱなしだと肥満や腰痛の元にもなります。また対人関係が希薄になると孤独感も増し、ストレスが悪化するリスクもあります。

ストレスで暴飲暴食に走って体調を崩すと、仕事に対応できなくなります。

Kizuki
Kizuki

一人暮らしをしている場合は、できるだけ家族や友達とのコミュニケーションを大事にして息抜きを図りましょう。

クライアントとの信頼関係を築けている

クライアントとの信頼関係も重要です。

常駐・在宅勤務を問わず信頼関係は必要ですが、在宅勤務の場合はモニタリングがうまくいかないデメリットがあります。しかし「この人ならモニタリングしていなくても大丈夫。真面目に仕事をしてくれるし」という強固な信頼を得ていれば、在宅勤務のお願いをしても許可される場合があります。

クライアントから信頼を得るために重要なのは、「コミュニケーションの徹底」です。

Kizuki
Kizuki

具体的には「今から業務を始めます」「困っていることについて連絡します」「業務報告をします」という基本的な「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」を意識していれば大きな問題はありません。

在宅勤務では「メール」や「チャットツール」などのコミュニケーションツールでクライアントとは頻繁に連絡を取り合いましょう。

Webデザイナーの副業・在宅勤務に向いていない人とは?

Webデザイナーの副業・在宅勤務に向いていない人とは?

結論、Webデザイナーに限らず、自分で考えて行動できない人は副業や在宅勤務に向いていません。

在宅勤務を続けられない人の特徴
  1. 自分で調べない
  2. すぐに結果を求める
  3. 明確な目標がない

自分で調べない

プログラミングの開発業務を始めると、分からないことがいくらでも出てきます。

しかし初心者が抱える不明点のほとんどは、Google検索やYouTubeの教則動画で解決できるため、まずは自分で解決策を探るのが賢明です。

Kizuki
Kizuki

実際に開発業務を行うと自分で考えて解決する力が問われますし、人に聞いてばかりだとスキルそのものも成長しないので、まずは自力で解決できるように動いてみてください。

すぐに結果を求める

初心者の場合は副業や在宅勤務でも結果を求めがちですが、Webデザイナーの仕事は技術の栄枯盛衰が激しく、常に勉強する姿勢が求められます。

Kizuki
Kizuki

結果ありきで動くとすぐに「燃え尽き症候群」でパタッと気持ちが切れてしまう場合があるため、最初は基本的な業務や勉強を続けて小さな成功体験を積み重ねましょう。

プログラミングの勉強で小さな成功体験を積み重ねる必要性の理由については、下記記事で解説しています。

クライアントへの価値提供が二の次

在宅勤務自体が目的となっていて、クライアントへの価値提供については何も考えていないというパターンです。

Kizuki
Kizuki

たとえばクライアントはWebサイトの改善を通して集客を図りたいと考えていますが、Webデザイナーとして「在宅勤務をできればいい」と考えているだけでは価値提案ができません。

「とりあえずWebサイトを作りました」というスタンスだと、「本当にお客さんは集まるんですか?」とクライアント側は不安に感じるのは当然ですよね。

サイト訪問者が増えなければ、Web制作の意味はありませんし、瑕疵担保責任を問われたら大きなトラブルにも発展するリスクがあります。

契約内容によりますが、Webデザイナーの業務では「集客効果」も厳しく見られますので、マーケティングやSEO対策の視点も踏まえた提案をできるように準備しましょう。

ちなみに集客効果を求められるプレッシャーについては、下記記事で体験談を書いていますので、ご参考ください。

参考>>【仕事がつらい?】Webデザイナーはやめとけと言われる3つの理由

まとめ:Webデザイナーの業務を経験してみよう

まとめ:Webデザイナーの業務を経験してみよう

本記事では「未経験のwebデザイナーでも在宅勤務できる3つの理由」について解説しました。

Kizuki
Kizuki

私が独立した時には業務未経験のWebデザイナーでしたが、語学を含めたいろいろなスキルを掛け合わせてお仕事を頂くことができました。Webデザインやプログラミング以外にもスキルをお持ちでしたら、クライアントにパッケージ型の提案をしてみるのもいいですよね。

いきなり独立してWebデザイナーになるのが不安だという方は、まず趣味か副業でWebデザイナーのタスクを経験してみると、勘をつかめるようになります。

下記記事でWeb制作のロードマップを解説しているので、ご参考ください。

タイトルとURLをコピーしました